沿革

大垣ガス(株) 沿革
1911年 8月 岐阜県知事の許可を受け、同年9月定款を作成
1912年 1月 発起人・戸田鋭之助 他10名が創立総会を開催し、
「大垣瓦斯株式会社」を設立、資本金20万円
初代社長・箕浦宗太郎(宗吉)
1918年 6月 電気供給業を兼業、「大垣瓦斯電気株式会社」と改称
1939年 11月 電気供給業を東邦電力(株)へ譲渡、「大垣瓦斯株式会社」と改称
1945年 12月 戦災により需要家の大半を失い、一時供給停止に至ったが、
まもなく供給開始
1963年 2月 LPガス部門を分社化し、「大垣液化ガス株式会社」を設立、
資本金200万円
1964年 6月 4,500kcal/m3に熱量変更
1973年 5月 大垣液化ガス資本金2,400万円に変更
1977年 6月 資本金1億3,500万円に変更
1989年 8月 天然ガス転換完了、11,000kcal/m3に熱量変更
1996年 5月 ガス料金改定に伴い、新料金(複数二部料金)制度へ移行
2005年 3月 ISO14001:1996認証取得
7月 資本金1億9,332万円に変更
2007年 1月 プライバシーマーク認証取得
3月 LNGサテライト基地 「西大垣製造所」 稼動
2008年 9月 資本金2億4,207万円に変更
2009年 10月 新事務棟完成、新ショールーム「ほのりんプラザ」オープン
2010年 3月 「大垣ガス株式会社」と改称
4月 大垣液化ガス株式会社を吸収合併
7月 CNG・LPG充填スタンド「エコ・ステーション大垣」を開設
2011年 11月 大垣市へ天然ガスゴミ収集車を寄贈
2012年 1月 創立100周年を迎えた
2013年 1月 新会社「大垣ガスほのりん株式会社」を設立
2014年 6月 ショールーム「ほのりんプラザ」リニューアル
2015年 9月 45MJ/m3に熱量変更
2016年 3月 LNGサテライト基地 「西大垣製造所」 気化器増設
4月 小売電力販売開始