トップページ > 安全対策 > 工事をされるみなさまへ

工事をされるみなさまへ

ガス管の確認、忘れていませんか?
敷地内における解体、改装工事でのガス管損傷事故が増えています。
ガスの確認を忘れると、大きな事故につながる可能性があります。道路での工事の際はもちろんのこと、敷地内の工事においても「ガス管があるのではないか?どこにあるのか?」まず確認をしてください。

ガス本管埋設状況確認サービスはこちら
ガス管損傷事故を未然に防ぐための3つのポイント
ポイント(1) 工事の前にまず確認を!
・図面などで、ガス管の位置を確認してください。
・ガス管にガスが通っていないことを確認してください。
ポイント(2) 不明な点があったら大垣ガスへ照会!
・ガス管の位置や深さが不明な場合。
・ガス管の撤去・移設工事が必要な場合。
・ガス管にガスが通っているのか不明な場合。
・その他、必要に応じてガス事業者にご相談ください。
ポイント(3) 工事は、あくまでも慎重に!
・ガス管の位置や深さを再確認してから行ってください。
・ガス管の近くでは、重機は使用せず必ず手掘りで慎重に!
・ガス管に近接して掘削をする場合は工事立会員の指示に従ってください。

こんな場合から事故が発生しています!
ケース1 建物改装工事によるガス管損傷に伴う爆発
建物改装工事によるガス管損傷に伴う爆発
事故当日の3日前に、建物改装工事会社の監督者からの依頼で、ガス事業者がメーターの取り外しを行いました。
メーターを取り外しただけにもかかわらず、事故の当日、監督者は施工者に「ガス供給は元でストップしている」と誤った情報を出し、作業を進めさせてしまいました。

事故を防ぐために!
  1. ガスの供給停止の方法について不明な点は、ガス事業者に確認してください。
  2. ガス管近傍で工事を行う場合は、ガス事業者と事前に協議してください。
  3. ガス管の撤去作業は、ガス事業者に依頼してください。
  4. ガス臭いと感じた場合や、ガス管を損傷した場合は、すぐにガス事業者に連絡してください。

ケース2 コンクリート舗装壊し作業中のガス管損傷に伴う着火
コンクリート舗装壊し作業中のガス管損傷に伴う着火
ガス事業者に事前紹介を行わず、施工範囲内にはガス管が埋設されていないと思い込んでしまいました。電動工具でコンクリート舗装の壊し作業を行い、誤ってガス管を損傷させたことによります。

事故を防ぐために!
  1. ガス管の位置や深さが不明な場合は、ガス事業者に確認してください。
  2. ガス管近傍で工事を行う場合は、ガス事業者と事前に協議してください。
  3. ガス管の埋設位置が浅い場合があることを、念頭に置いて施工してください。
  4. ガス臭いと感じた場合や、ガス管を損傷した場合は、すぐにガス事業者に連絡してください。

ケース3 防災設備工事業者によるガス管誤穿孔に伴う爆発
防災設備工事業者によるガス管誤穿孔に伴う爆発
ガス事業者に事前紹介を行わず、ガス管と防災設備配管を誤認。また、ガス臭かったにもかかわらず、ガス事業者に通報せず、工事を続けてしまいました。

事故を防ぐために!
  1. ガス管の位置が不明な場合は、ガス事業者に確認してください。
  2. ガス管近傍で工事を行う場合は、ガス事業者と事前に協議してください。
  3. 図面などを見て、工事対象の管かどうかを確認してください。図面などで判断できない場合は、ガス事業者に確認してください。
  4. ガス臭いと感じた場合や、ガス管を損傷した場合は、すぐにガス事業者に連絡してください。

ガスくさい時は、ただちに大垣ガスまでご連絡ください。
連絡先:0120-18-9131

大垣ガス株式会社
〒503-0865 岐阜県大垣市寺内町3-67 フリーダイヤル:0120-18-9131 【TEL】0584-78-9131 【FAX】0584-78-9135
Copyright(C) 2011  Ogakigas All Right Reserved