トップページ > 地震が起こったら

地震が起こったら

地震のときは、まずは身の安全の確保と火の始末。
地震が発生した場合は、次の手順で安全を確保してください。

身の安全確保
 テーブルや机など頑丈な家具の下にふせて、身の安全を確保してください。
 (ただし、建物が倒壊する危険がある場合は、外にとび出すことも必要です。)
身の安全確保

すばやく火の始末
 揺れがおさまってから、ガス機器の火をすばやく消してガス栓を閉めてください。
 ※揺れている最中に火を消そうとすると、やけどや転倒してけがをするおそれがあり危険です。

すばやく火の始末

ガスのにおいを確認
 ガス機器やガスメーターのまわりからガスのにおいがしないか確認してください。
 ガスのにおいを感じられたら、ただちに大垣ガスまで連絡してください。

ガスのにおいを確認

ふたたびガスを使うときは
 ガス機器のかたむきや接続のはずれがないこと、給排気設備の異常がないこと、またガスくさくないことを確認してから、ガス栓を開いてご使用ください。
 異常があるときは、ガスの使用を中止し、大垣ガスへご連絡ください。

 <大垣ガス連絡先>0120-18-9131、0584-78-9131
ふたたびガスを使うときは

ガスが出ないときは
 ガス栓を開いてもガスが出ないときは、地震によりガスメーターの安全機能がはたらき、ガスが止まっている可能性があります。その場合は、マイコンメーターの復帰方法にしたがって操作をしてください。

マイコンメーターの復帰方法はこちら
マイコンメーター


ガスの安全・安心ムービー

<地震が発生した場合のマイコンメーター復帰手順 (60秒) 緊急放送用>