エネファーム



――― エネファーム 水素と酸素の化学反応で電気とお湯をつくりだす ―――

エネファームのしくみ
ガスの成分中に含まれる水素(H)と空気中の酸素(O)を化学反応させることによって電気と熱が生まれます。このき発生した熱でお湯を沸かします。
1.燃料処理装置
ガスと水蒸気の反応を利用して水素を取り出します。
2.空気供給装置
空気(酸素)を燃料電池スタックに供給します。
3.燃料電池スタック
水素と酸素を化学反応させて電気をつくります。
4.パワーコンディショナ
燃料電池スタックでつくられた電気を直流から交流に交換する機能などで構成されています。
5.排熱回収装置
燃料電池スタックで発生した熱を回収し、お湯をつくります。
6.貯湯槽
排熱回収装置でつくられたお湯をため、必要なときに供給します。
7.バックアップ給湯器
貯湯槽のお湯が足りなくなったときに作動して、お湯切れを防ぎます。

省エネ
電気を「つくる」場所と「つかう」場所が一緒だから大切なエネルギーをムダにしません。
おうちで発電するエネファームは、発電所から送電される際に生じるエネルギーロスがありません。
大切なエネルギーのムダづかいを徹底的に節減します。
また、これまでは排熱として捨てられていたエネルギーも、お湯を沸かすエネルギーとしてしっかり活用します。

エコロジー
エネファームをつかっている家庭のCO2排出量は、従来のエネルギーシステムと比べて約1,100kg少なくなります。これは、杉の木約80本が1年年間に吸収するCO2量に相当します。

カイテキ
1日の生活パターンを覚える「わが家のエネファーム」。電気とお湯をつかいかたに合せて供給します。
図:JX日鉱日石エネルギー ホームページより引用