第7回全国親子クッキングコンテスト結果報告

 昨年、全国のグランプリを輩出した全国親子クッキングコンテスト大垣大会。
今年も書類選考を通過した7組に11月23日の実技審査に挑戦していただきました。
小学1年生から6年生まで、年齢はバラバラですが、それぞれ親子で力を合わせて、世界に1つだけのオリジナルの作品を作ってくださいました。
集合写真
優勝 中島里彩・靖ペア 「わが家の週末ごはん」
優勝 中島里彩・靖ペア <わが家の週末ごはん>
靖さん(写真左)のコメント:
「メインの「鶏の自家製味噌グリル」は家族4人で毎年作っている自慢の自家製味噌を使って挑戦しました。
私と里彩だけでなく、家族全員の愛情がこもったメニューです。」

里彩さん(写真右)のコメント:
「柿のデザートは私が担当しました。柿の皮むきも包丁を使って上手にできました。
味付けをいろいろ試して調整するのが大変だったけど、楽しかったです。」
準優勝 不破颯吾・由紀子ペア オリジナル賞 纐纈真菜実・美規江ペア
準優勝 不破颯吾・由紀子ペア
<一度に4品完成!シンプルレシピ>
オリジナル賞 纐纈真菜実・美規江ペア
<ごへいもちと、しゃけのホイルの包み焼き>
グリルやオーブンを上手く活用して1度に4品目ができあがるアイディアレシピです。
おばあちゃん直伝のお味噌の味がとってもおいしい「ごへいもち」が印象的な作品です。
仲良し親子賞 野谷哲平・敏昭ペア ほのりん賞 村北明日香・久里子ペア
仲良し親子賞 野谷哲平・敏昭ペア
<スポーツ少年満腹定食>
ほのりん賞 村北明日香・久里子ペア
<デザート付き野菜たっぷり味わい御膳>


テーマの「わが家の晩ごはん」に沿って、かしこまったお料理ではなく、楽しく会話が弾みそうなメニューがそろいました。それぞれの家庭ごとに工夫されている点があり、ステキな家族像が見えてきます。
そんなステキなお料理を披露して下さった参加者の皆様にあらためて感謝申し上げます。
第8回大会の参加もぜひお待ちしております。

大垣大会で優勝した中島ペアは12月8日に名古屋で開催された東海大会でも実力を発揮し、みごと「炎の調理賞」に輝きました!

おめでとうございます!
東海大会の様子